駆除のポイント|素人が蜂の退治をするのは危険!業者に頼もう

素人が蜂の退治をするのは危険!業者に頼もう

駆除のポイント

駆除

蜂と言えばまずイメージするのが、スズメバチとミツバチです。基本的にはこの二つの蜂がメインになりますが、もう一種類の蜂がいることもご存知でしたか。もう一種類の蜂というのがアシナガバチです。日本では蜂と言えば、この三種類が基本的な駆除対象となります。アシナガバチ駆除に関して勉強していきましょう。
アシナガバチ駆除は一般的に、専門の業者に依頼します。この時、蜂の種類を知らない方だとどんな蜂でもスズメバチと言って業者を呼んでしまいますが、実はアシナガバチだったというパターンは珍しくありません。このアシナガバチの特徴ですが、見た目は細身でスズメバチに比べても小型です。性格は比較的おとなしいと言えるでしょう。また、毒自体はスズメバチよりも弱いですが、刺されるとスズメバよりも痛いと言われることもあります。
アシナガバチ駆除が最も多い時期が7月から10月にかけての期間です。夏場に活動が活発になるため被害も拡大しますし、働き蜂が羽化し始めるので巣の大きさも一気に大きくなります。そのため、専門の業者は夏から秋にかけての時期は特に気をつけるようにしています。自宅やベランダに巣ができてしまったら直ぐに業者を呼ぶのが重要です。マンションであれば管理会社に、持家であれば駆除業者に速やかに連絡しましょう。巣の特徴としてはシャワーヘッドのような形をしています。スズメバチのようなマーブル状の壺型ではないので簡単に見分けられます。アシナガバチ駆除には迅速な対応が不可欠なので、直ぐに業者に連絡することが安全に駆除する鍵になります。